株主にとって有利な方法

注意点と基礎知識

一定の期間中に売買の取引をする事が出来る権利があり市場価格より低い価格で株式を購入する事が出来る権利を無償で割当てる事をライツオファリングと呼ばれていてイギリスなど欧州の国で一般的な増資手法になっています。最近では日本でもライツオファリングが注目されてきていますが、実際にどのようなメリットや注意点があるのか見ていく事にしましょう。

【既存株主の選択肢の幅が広いのがメリット】
ライツオファリングは権利行使をする、権利行使をしない、売却によって資金化するの3つの選択肢があって選ぶ事が可能になっています。既存株主の選択肢に幅が広い事で自分に適した増資手法をしていく事が可能になります。

【資金の用意しないと新たに株を取得する事が出来ないのが注意点】
権利行使により株式を取得する時は所定の金額を支払う必要があります。それにより資金が用意しないと新たに株を取得する事が出来なくなってしまいます。特に多額の資金が必要になった時は用意するのに手間がかかる事が多いので注意点としてしっかり頭に入れておく必要があります。

ライツオファリングは最近注目されている増資手法でこのようにメリットや注意点があるので基礎知識としてしっかり覚えておくようにしましょう。

ライツオファリングの意味と両面性

ライツオファリングとは、ライツイシューとも言われ、日本語では新株予約無償割当権と訳されるものです。株式会社が事業拡大の際に株式の発行数を増やす際に既存株主に対して、その新株を購入できる権利を無料で与えるというもので、既存株主の権利を守るための制度と言われています。また、あくまで新株を購入することのできる権利を与えられるだけですので、不要と感じれば新株を購入しなくても良いですし、その権利自体を他者に売却することも可能で株主の選択肢を増やしてくれるものとなっています。
そんなライツオファリングですが、実際に所有する銘柄で発生した場合、会社が「なぜ」増資を実施するのかを見極める必要があります。増資するには当然理由があり、業績好調による事業拡大の為の前向きな増資なのか、または業績不振による資金調達の為の後ろ向きな増資なのかによって、新株の取得を実行するのか、権利を放棄して売却するのか変わってくると思います。
投資家の選択肢を増やしてくれる制度ですが、その制度をうまく活用し利益を確保する為には、投資家自身の判断にかかっています。ライツオファリングに限らず、様々な制度の仕組みを理解した上で、自身に関わる情報を収集し、最適な判断を下す必要があります。

メニュー

2017年08月25日
勉強した者が勝つ世界を更新しました。
2017年08月25日
確実に恩恵を得るためにを更新しました。
2017年08月25日
覚えておくべき内容を更新しました。
2017年08月25日
株主にとって有利な方法を更新しました。

Copyright(C)2017 今更聞けないライツオファリングの一般常識を解説 All Rights Reserved.