覚えておくべき内容

ライツオファリングで利益を出すには

ライツオファリングの権利を得る必要があるので、新株予約権を無償で割当てると表明した企業の株を買います。12月に決算の企業なら、12月の権利確定日に権利を得ることができます。権利を得たら企業の株価を見守る作業を始めることになりますが、大きく数字が動くのは主に決算前後の場合が多いです。12月が決算の場合は、2月頃に決算発表と来期の業績予想を企業専用のサイトで公表するので、欠かさずにチェックしましょう。

決算の数字が良く来期の業績予想も悪くない時は、新株予約予約権の価値が上がるので、そちらで権利を売買すればある程度の利益は出せます。新株予約権の価格は、証券会社のサイトに表示されるのでそこから売ると楽です。ただ、換金に近い形なので利益は少ない場合がほとんどです。

業績が良い時は権利を行使して、新株を得るのも良い手法です。やり方はまず、行使した時の金額分のお金を証券会社内のサイトに用意します。用意できたら権利を申し込むことで株式を入手できます。後はその企業の株価が上昇するのを待つのみです。大きく上昇した時点で売れば、良い利益を上げることができます。
ライツオファリングでありがちなのが、単元株を入手してしまうことです。ですが、売買できる証券会社もあるので、心配しなくても大丈夫です。

株主への配慮とライツオファリング

市場で定められている価格を下げても新株を無償で割り当てたいならば、増資する前に株主へ呼びかける方法が最適です。ライツオファリングは市場の金額より安い環境で株が買えるメリットがあり、株の保有数を増やしていくには必須の手法です。しかし1株あたりの価値を一時的に下げる結果を招くため、期間を限定させた選択が非常に重要となります。増資の手法においてはすでに欧米で実施されているため、実証結果の詳細を確認しながら適切な手法を選んでいくことが大切です。
国内で販売されている株の動向をチェックしながら、上場している会社の聡明性を確かめる行動が不可欠です。すでに株を多数保有している株主に関しては、必要に応じた内容から判断してくれるため、最小限の理解を促す方針を大事にしていくべきです。また大きなイベントがあれば市場を活発にさせるコンテンツが充実するため、ライツオファリングを実施したい企業が増えます。有価証券における公正さを確認しながら、新たな方針を見つけることが大事です。
さらにライツオファリングは新株の予約を透明なかたちで再現してくれることから、既存の方法に加えて信憑性が高まっています。できることから始めて、再び信用を取り戻していくことが重要です。

メニュー

2017年08月25日
勉強した者が勝つ世界を更新しました。
2017年08月25日
確実に恩恵を得るためにを更新しました。
2017年08月25日
覚えておくべき内容を更新しました。
2017年08月25日
株主にとって有利な方法を更新しました。

Copyright(C)2017 今更聞けないライツオファリングの一般常識を解説 All Rights Reserved.