確実に恩恵を得るために

現在の市場価格との差もリサーチ

ライツオファリングは、日本ではまだ馴染みのない言葉ですがイギリスなどのヨーロッパではよく行われている株取引の手法です。これはすでに株主になっている人達に対して、市場価格より安い費用で新株予約権を無償で付与できる権利です。もちろん市場価格よりも安いので、利益が上がる確率も高くなります。ただしライツオファリングは付与されてから一定期間の間に権利を使用する必要があります。権利のため、使うか使わないかは株主が決めることができるので有利に株取引を行うことができるのです。銘柄によってライツオファリングを導入しているかどうかは異なります。
もしも実施している銘柄があれば、その株式を購入することによってメリットも出てきます。購入してから市場価格が上がれば更にお得ですし、長い期間持っておこうと考えているのであればライツオファリングの権利も発生しやすいからです。ライツオファリングの対象になれば通知も来るので、自分が対象になっているかどうかはわかりやすくなります。権利行使期間に関しては、数ヶ月程度になっているため忘れないうちに使ってしまうことが得策です。現在の市場価格との差も考えておくと更に使える権利になります。

ライツオファリングで投資家は得をするのか

ライツオファリングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。ライツオファリングとは上場企業の増資手法の一つで、既存株主に譲渡することが可能な新株予約権を無償で割り当てることにより増資を行う手法の事で新株予約権無償割当ともいわれています。
このライツオファリングですが、日本ではまだ馴染みが少ないものだと思います。アメリカなどの国では著名な手法として知られていますが、日本では1970年代頃から時価発行が主流となってしまいましたので、ほとんどが公募による増資となっているのです。
このライツオファリングですが実施されると株主や投資家にはどのような影響があるのでしょうか。一番気になるのは株価に対する影響ですが、通常エクイティファイナンスと呼ばれる増資や株式による調達は評価され株価が騰がるケースが多かったのです。しかし今は株価はそれほど騰がるどころか下がるケースも多いのです。
これは機関投資家の動向が大きいといえます。普通増資すればその分設備投資を行うと考えるものですが、現実は少し異なります。なぜならば総発行株式数が増えるので、その分自分の持ち分が減ってしまい希薄化するのです。機関投資家はこの希薄化により影響力が減少するのが嫌で、株を売ってしまうので株価が下がってしまうのです。
ライツオファリングで株価が上がり一般の投資家が得をするかは、機関投資家の動向に左右されるのです。

メニュー

2017年08月25日
勉強した者が勝つ世界を更新しました。
2017年08月25日
確実に恩恵を得るためにを更新しました。
2017年08月25日
覚えておくべき内容を更新しました。
2017年08月25日
株主にとって有利な方法を更新しました。

Copyright(C)2017 今更聞けないライツオファリングの一般常識を解説 All Rights Reserved.