新しい株の専門キーワード

おすすめ記事

勉強した者が勝つ世界

ライツオファリングと企業の関係 株主と企業の関係は、経営していく上では大切な存在となります。資金調達を増資しながら、新…

もっと読む

確実に恩恵を得るために

現在の市場価格との差もリサーチ ライツオファリングは、日本ではまだ馴染みのない言葉ですがイギリスなどのヨーロッパではよ…

もっと読む

覚えておくべき内容

ライツオファリングで利益を出すには ライツオファリングの権利を得る必要があるので、新株予約権を無償で割当てると表明した…

もっと読む

ライツオファリングのメリットについて

一般的にはライツオファリングはあまり耳にしないことが多いと思いますが、欧米においては会社の増資方法をしてはかなりメジャーな方法と言っていいでしょう。日本においては2006年に会社法が改正されたことによってライツオファリングが可能になりました。
ライツオファリングとは、会社におけるすでに株主に新株予約権(ライツ)を無償で割り当てると言う方法で「新株予約権無償割当」とも言われ、会社の増資方法の一つです。「株主割当増資」とは異なり、新株予約権があることで株主は新株予約権を行使しない場合には新株予約権を売却できる仕組みになっています。もちろん、ライツオファリングを行使して新株を購入することもできます。ただし、新株予約権を付与されても行使されないと事実上は増資は行われないので、会社としては資金を調達することはできないということにもなります。
会社が増資方法をしてライツオファリングをすることのメリットとしては公募増資などと違って既存株主が株式価値の希薄などによる不利益を被る可能性がすくないので、株主の理解を得られやすく増資を実行できることと会社としては比較的容易に大規模な増資を実行できることとなります。

ライツオファリングと株価変動

株主にとっては増資は避けてほしいと考えています。会社の成長には増資は欠かせないということはわかっている株主も多いのですが、会社の利益は代わっていないのに発行株式数を増やす増資が行われると一株当たり利益が減ることを意味していますから、どう考えても株価は下落します。大幅に増資をするときなどはかなり大きな株価下落を覚悟しなければなりません。
株価下落をあまりしないという増資方法として2006年から会社法改正によって導入されたのがライツオファリングという増資方法です。これは日本語では「新株予約権無償増資」ともいわれています。これは、既存の株主に無償で新株予約権を与えるもので、増資よりも株価の下落は少ないと言われている増資方法です。しかし、どう考えてみても発行株式数は増えるので一株当たり利益は減ることには違いありません。
有利な価格で新株予約権の行使をすれば、ある程度の株価下落分は確保できるかもしれませんし、新株予約権を売却するという方法もあるので、その売却益も株価下落分を担保してくれるかもしれません。ただ、一般的な増資よりもちょっとだけ株主の株価下落リスクに対処しているという程度といったほうがいいでしょう。

当社は業務経験年数平均28.4年の業界を熟知した人材が、最新のITを全面的に活用し、お客様に最大限の利益を還元する革新的な証券代行機関です。 当社が提供する証券代行サービスは、業務経験年数平均28.4年というベテランたちが携わることによって生まれた、全く新しいサービスです。 長年培ったノウハウで革新的な証券代行サービスを執り行い、お客様に合った最高のプランニングをご提案いたします。 ライツオファリングの実地を推奨するなら

メニュー

2017年08月25日
勉強した者が勝つ世界を更新しました。
2017年08月25日
確実に恩恵を得るためにを更新しました。
2017年08月25日
覚えておくべき内容を更新しました。
2017年08月25日
株主にとって有利な方法を更新しました。

Copyright(C)2017 今更聞けないライツオファリングの一般常識を解説 All Rights Reserved.